人の可能性は無限大♪イライラ怒りは身体の疲れがあると増大してくる★

2019年05月17日

自分の正義をふりかざすのを止めた時ラクになった✴︎

私は以前は、人が誰かの悪口を言っているのを聞く機会が多く、なんでそんなこと言えるんだろう?とか本当に信じられないとよく思っていました。だから人にも厳しく、自分にも正義をふりかざして、こういう時はこうあるべき、そうでないと絶対人として最低だと思うぐらい、心の中で周りをジャッジしていました。そんな時の自分は苦しくて、なんで自分はこんな思いをしなきゃいけないのか?なぜ周りは変わらないのか?とばかり思ってました。

でもスピリチュアルのことを学んで自分の心と向き合あっていった時に、「あ~これはまさしく私自身の心の反映なんだ」ということが分かりました。きっと周りの文句を言っている人たちの誰よりも私の心の中は真っ黒で心の奥にしまっている分、人の悪口を言う人より黒かったんだなと感じることができました。むしろ人の悪口を言ってる人はもう出したぶんだけお腹の中に溜まっていないのでその時点で軽くなっているのに私はずっとお腹の中で人を裁いている分、苦しかったんだなと自分で自分を苦しめていたんだなと思いました。

そのことに気づけたとき、周りをジャッジしていくこともだんだん少なくなり、するといつも人の悪口を聞いていた自分がそれが聞かない環境になったり、あまり言われる機会が究極に少なくなってきました。きっとそれは私自身の中で悪口を言っても言わなくてもOKというニュートラルな自分が少しずつ受け入れられたからではないかなと思っています。人は時に他人に完璧さを求めて、自分の思っていたような人ではなかったところが見えたとき、「こんな人だと思わなかった」とか「もっと素晴らしい人かと思っていたのに」と相手を責める人もいます。でも、自分自身は果たしてそこまで完璧に生きれているのか?完璧に生きることでそれは本当にラクな生き方なのか?と問いかけることで本当は何が自分の中で大切なことなのかが分かってくるようになると感じています。その無駄な正義感やムリや我慢を取り除いたときに視えてきたものを、大切にしていければよいですね♪


kuhurumi at 08:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
人の可能性は無限大♪イライラ怒りは身体の疲れがあると増大してくる★