2019年09月26日

拗ね?怒り?どちらが行動の妨げになる感情か。

ただいまレインドロップのインナーチャイルドヒーリングのキャンペーンをやっているのですが、自己否定が強い方によく出てくる感情があって、それが結構厄介だなと思うのは「拗ね」の感情です。そしてこれは表面に出てきて自分で気づいてる人はまだよいのですが、ガチガチのプライドの奥に眠っているように隠れていて気づくこともさえももう怖くてできないと見過ごしている人もいます。だからと言って、これが出てきたから、自分の中にあるから悪いこととは思わないでくださいね。この「拗ね」は小さいころ自分が親に分かって欲しかった、周りに認めてもらいたかったという根本の大切な感情ですので、そこをちゃんと自分で見て向き合っていくのといかないのとでは、癒しの深さはぜんぜん違ってくるなと感じています。充分に小さいころや思春期に出たその感情を癒してあげることで、少しずつその感情はなくなっていきますので。そのあと結構出てくる感情が「怒り」の感情なんですね。でもここまで来たら、自分を表現することに近づいてきていますし、行動に繋げていける感情まできていますので安心してください。

私がセッションをしていて「拗ね」の感情のままでずっと止まっている人も多くいました。大人になってもずっと拗ね続けていると、その拗ねのエネルギー自体がとても弱く小さいので「行動」するまでに結びつけるのにすごく時間がかかってしまうんです。「どうせ私なんか」「どうせ無理だから」「あの人ばかり」とかという感情ばかりだと自分の中にどんどんそのエネルギーが溜まっていって自分自身が縮小してしまうんです。それが「自分がよく分からない」ということに結びついてくるんだと私は感じています。だから十分、その分かってもらえなかった時の自分を癒してあげてくるとだんだん、その感情は「周りがどう言おうが私を生きる!」となってそれはたまに怒りのパワーとして吐き出されることもあります。でも、ここまでくるとエネルギーはとても大きくなりつつあるので、そのエネルギーを「じゃあ自分はどんな自分でありたいの?」というところにベクトルを向けて行動していくことでそれは台風の目のように周りもすごいパワーで変化させていくのです。なかなか自分のやりたいことができないとか夢にいつも近づけないという方は、まずは自分の感情の中で「拗ね」がないか見ていくことから始められてもいいかもしれません。一つ一つの小さな感情を無視しないで行くと、必ずどんな悩みがきても力に変えていけるパワーに結びついていけると感じています★

kuhurumi at 08:53|PermalinkComments(0)

2019年09月25日

自分の願いを最優先に叶えてあげる♪

先日の2連休は旦那さんもお休みでしたので、一緒に琵琶湖近くの温泉に泊まりに行ってきました。4年ぶりの琵琶湖の温泉。前に体調不良で琵琶湖に行った時があるのですが、そのあと、劇的に回復した記憶があるので私にとったら自分のパワースポットの一つになっています。

佐川美術館に行って刀展を見てきたり、彦根城では、ひこにゃんに会ってきました。いまさらながら、ゆるキャラにハマりそうなぐらい可愛いくてグッズまで買ってしまいました♪最近、疲れが溜まっていたので、自分に一番今何をしたい?と聞くと「温泉に行ってゆっくりしたい」と心の声が聞こえたので今回はすぐに予約して行ってきました。帰りは、またパワーアップできたのか、エンジェルナンバー1111がこれでもかってぐらい見ましたので、また新たな気持ちでスタートできそうな感じです。常に今、自分が一番やりたいことを問いかけていると、ちゃんとメッセージは聞こえてきますので、それをなるべく叶えてあげられる自分でいたいなと思っています*


kuhurumi at 08:48|PermalinkComments(0)

2019年09月22日

リーディングは自分自身を信頼してこそできてくる♪

先日、自己メンテナンス講座のリーディング講座を行いました。受講生様は、とてもまじめにエネルギーワークやヒーリングに取り組まれておられていました。家だけではなく、いろんな出かけた先でもやってくださっていたそうで、素晴らしいです♪やっていくたびにエネルギーをだんだん感じられるようになってきたと言われておられたので、ほんと、これはやっていくしかないことなんです。

そしてリーディングの講座ではなかなか言葉が出てこなく最初は苦戦されていらっしゃいました。そして「リーディングって自分自身を信頼していないとできないんですね」と言われておられたことが印象的でした。そうなんです、だからこそヒーリングやエネルギーワークで自分と宇宙と繋がることを意識していくことで(本当はそもそも繋がっているんですけど、そこを思い出していく)リーディングも上達していくと私は感じています。でも最後のタロットカードでは今までにないスラスラと言葉が出てくる読み取る力もついてこられていたので、あとは回数を重ねていくだけだと感じました。タロットカードすごく楽しいとおっしゃっておられていたので私もその楽しさが伝わったのなら嬉しいです。私もタロットカードは最初やったときに楽しくて楽しくて、練習ばかりしていましたから。だから好き、楽しいはちゃんと未来の道に繋げてくれますので、その好きをこれからも信頼していってくださいね★

kuhurumi at 09:17|PermalinkComments(0)