2019年05月06日

GWも今日で終わり☆

10連休も今日で終わりですね。急遽やろうと思ってやりましたGWわくわくキャンペーン、お忙しい中ご来店下さった方、本当にありがとうございました!特典で皆さん選ばれたのはタロットかお財布ヒーリングがほとんどだったのでアロマサシェが余りました。これは私の仕事のご褒美ということで枕元に置いて今日は寝ようかなと思います。ゆっくり眠れそうです♪

私は仕事の合間に、衣服の衣替えをしたり、やりたかった部屋の掃除や夏用に部屋のラグやクッションカバーを変えたり。その後は気持ちの良い部屋になったので今度は庭のことをしようかなと思って外に出たら、近所の方から可愛いお花をいただき、ちょうど部屋が綺麗になったばかりのタイミングだったのでダイニングテーブルの上に飾るとまた部屋が喜んでいる感じがしました。こういうタイミングよくのプレゼントは自分自身の波動が気持ち良く進んでいますよというメッセージだと思ってます♪

旦那さんは10連休ではなく飛び飛びな休みで最後は4連休だったのですがマラソン大会に出たり庭で甥っ子ちゃんとバーベキューをしたりと楽しんでいたみたいで良かったです。明日からの久しぶりの仕事がイヤだと言っていて、私も会社員の頃は出社前日の昼ぐらいからブルーな気持ちになっていたので、分かる懐かしいなと思って聞いてました。そしたらイヤな気持ちを出しきったからか、また気持ちを切り替えて走りに行ったりしていたので、やっぱりどんな感情も自分で受け入れてあげると回復は早いんだなと感じました。

明日からの仕事がイヤだと感じている方は、もうその感情に蓋をしないで味わうだけ味わってみるとスーッとまた抜けていくと思います。それから自分のリラックスする事をして気持ちを切り替えて、また明日を迎えたいですね☆






kuhurumi at 20:25|PermalinkComments(0)

2019年05月05日

願い方の落とし穴✴︎

こんな人と出会いたい、恋愛して結婚したいときにぜひやって頂きたいことが理想の彼をイメージするということです。意外にこれをしておられない人が多いです。でも、願いは願うから叶うのであって「誰でもいい」とか「結婚さえできれば」というような曖昧な願いだと、どうでもいいような人ばかりにしか会わないですし、まずは自分の理想の人はどんな人なのかを紙に書き出すだけでも、もう出会える確率は高くなってくると思ってくださいね♪そしてこの願いの書き方に落とし穴があるとしたら、願いが世間的にみての判断ではなく必ず自分自身の心に問いてみて書いて頂きたいということです。

あとはよく「●●な人は嫌」とか「〇〇なところがある人は受け付けない」という願い方をよくされる人は、それを反対にしてみてください。例えば、不潔な人が嫌だったら「清潔感のある人」とか、せかせかした人が苦手であるなら「性格の穏やかな人」のように、プラスの願い方に変えるだけでも出会う人は変わってくると思います。●●じゃない人というようにそこに意識しばかりを向けると「●●な人」が高確率で出会うようになっている、それが宇宙の法則ですので、(反対にそんな人を引き寄せているんですね知らず知らず・・)ぜひ、願い方もストレートに純粋にシンプルに願ってみてくださいね。必ず出会う人は変化してきますから♪私もこの法則はサロンにご来店してもらいたい人に使っています。最初は「来てくれるなら誰でも構わない」とか思っていましたが、それだと自分自身が気持ちよく働けないことに気づきました。それからは「綺麗な人」「可愛いらしい人」とか「優しくて穏やかな人」「豊かさを持っている人」「世代は30代~50代」など細かく設定するようにしました。サロンのお客様が綺麗で素敵な人が多いのはこの設定からの引き寄せであると思っています。どんなことも自分で自分の人生を設定することは可能ですので、願うことに遠慮せず自分の願いを叶えていきたいですね♪

kuhurumi at 21:06|PermalinkComments(0)

2019年05月04日

自分自身の幸せを許可する☆彡

私は以前、被害者意識にまみれていたことがあったのですがその時に優しくしてくれた人がいました。でも私が意識を変え、幸せだと自分を認めた時、その人は私を責めてきました。「あなたは幸せなんでしょ。」と。私からするとその人は私よりも裕福でちゃんと子供もいて幸せであるなと思っていた人だったので正直ビックリしました。でもそのとき、一瞬、私が幸せになっては人を悲しませるのかもしれない、私自身が幸せになることはもしかしたら周りを幸せにすることはないのかもしれないとまで思う時がありました。

でも、やっぱりそれっておかしいのかもしれない、私の幸せを私自身が許可しないで誰に許可をもらえるというのだろう、私の幸せは私にしか分からないのに、誰かの意見が絶対と考えることが私自身の幸せになるのだろうか?・・と気づけたとき、もうその被害者意識は外すことができました。


自分自身の湧いてきた気持ちに許可できるのは自分しかありません。そして自分の気持ちを差し置いて周りを幸せにすることは絶対にないです。自分が我慢している限り、抑圧されている限り。自分自身に心の余裕が持てて幸せを感じられた時はじめて他人を認められるようになると私はその責められた時に感じることができました。自分自身の幸せを許すことを忘れないようにしたいですね♪


kuhurumi at 21:06|PermalinkComments(0)